キュビヌスについて

Books-img

ABOUT “Cubinous”

メクルメク探究セカイへ。
さぁ、アナタも一緒に。

PHILOSOPHY:活動理念
ORIGIN:意味由来
PROFILE:講師紹介
イロイロな角度からイロイロな想いを込めて。

さまざまな視点から人やコトを捉えることでセカイは変わる、ということを知って欲しいと思っています。
自分にOKを出すことは、日々を、暮らしを、人生を楽しく過ごすためのベースを作るということ。
キュビヌスは、生きがい・やりがい・成長のモトとなるワタシ“らしさ”を大切にしています。

Cubinousの活動理念

MISSION:役割使命

ワタシのセカイとよりよいミライをつなぐ。

VISION:未来像

“ワタシ”を大切にして個の存在価値を見出し、“らしさ”を発揮できる未来。
“ダレカ”とかかわることで視点や未来が変化し、活躍する場が広がる社会。
お互いが認め合い補完し合う関係を築き、さらなるパワーを生み出す世界。

VALUE:価値基準

Being:あり方や世界観を大切にする。
Doing:一歩を踏み出して進み続ける。
Having:自己資源を最大限に活かす。

キャッチコピー

よりよいミライを想像して創造する。
イロイロな人コトをイロイロな角度から。

Cubinousの意味由来

キュビヌスって何語?

Cubinous-icon

「Cubisme(キュビスム)」という、複数の視点による対象の把握と画面上の再構成といった意味で使われるフランス語と、「Nous(ヌゥス)」という、古代ギリシャ哲学における心またはその本質としての理性・精神の意味を持つギリシア語をミックスした造語。
イロイロな人やコトをイロイロな角度から見てみることで新しい発見がある、という活動のコンセプトにあわせて組み合わせたオリジナルの単語です。

Cubisme(仏語:キュビスム)+ Nous(希語:ヌゥス)= Cubinous(キュビヌス)

キュビヌスの言葉の意味って?

Cubinous-icon

「これまで」や「いつも」に囚われない新たな視点を手に入れ、思考の整理から言語化というプロセスを踏まえて人やコトを再認識・再構成する、という意味で名づけています。
人やコトを「多視点」「多角度」「多面的」に捉えることは大切です。
新しい視点を手に入れるということは、今まで気づけなかったことに気づけるようになったり、見ていなかったトコロに目を向けることができるようになるということ。
それは大げさに言えば、セカイが変わること、新しいセカイを手に入れることだと思っています。
新たなセカイで得た気づきを言語化することによって次のステージやステップが明確になり、よりよい変化・発展・進歩・未来につながっていく、そんな思いをのせています。

キュビヌスのマークのカタチって?

Cubinous-icon

キュビヌスのロゴマークの元は「正二十面体」。 
正多面体は5種類しかなく、3次元空間で最大の面数を持つ正多面体が「正二十面体」です。
枠だけにした「正二十面体」の影は、角度によってさまざまな形を描き出し、影だけを見ているととても同じ「正二十面体」を表しているとは思えないほどです。
このように、人やコトについてもイロイロな角度から捉えてみることで意外なことに気づけるかも知れない、という思いからロゴマークをデザインしています。

Cubinous主宰/代表講師

Profile-img
川瀨 麻里

MARI KAWASE

所属組織

一般社団法人日本講師協会 理事講師
公益社団法人日本心理学会 正会員
特定非営利活動法人日本交流分析協会 正会員
特定非営利活動法人こどものみらいプロジェクト ゆめドリ 活動会員

主な資格

<活動のベーススキルとなるモノ>
認定心理士
交流分析士2級講座修了
公認モチベーション・マネジャー
認定エキスパートメンタルヘルス講師
コーチング心理士®/ポジティブ心理カウンセラー®

<ツールの活用にかかわるモノ>
認定ドリームマップ®ファシリテーター/認定ドリマ先生 for Junior
認定アドバンストスタイルファシリテーター
キャリアトランプ®ダイバーシティ・ナビゲーター/認定講師養成講座修了
リフレクションカード®ファシリテーター養成講座修了

To do is to be. To be is to do.

行動することは存在すること。存在することは行動すること。


Jean-Paul Sartre & Socrates

Brief History

2020年

メクルメク探究のセカイ


2020年秋に大学を卒業して2つ目の学士(行動科学)を取得。
よりよい変化・発展・進歩・未来に向けて、メクルメク探究のセカイを旅し続ける。

2020年
2018年〜

人生2度目の大学生


2018年秋、心理学についての体系的なマナビを求めて大学へ。
心理学・経営学・教育学について複合的に学ぶ。
一般社団法人日本心理学諸学会連合が実施する心理学検定に挑戦→合格!

2018年〜
2017年〜

新たな活動のハジマリ


2017年ごろより、人やコトを多視点で捉えることや意味づけの重要性、多様性の受容と“らしさ”の発揮といったテーマを中心に、自己認知と他者理解を進めるための気づきの場の提供を目指して新たな取り組みを開始。
Cubinousとしての活動をはじめる。
スキルやノウハウ、テクニックを伝える研修だけでなく、自分自身のココロと向き合い、自分を観る・知ることやリフレクションなど、捉え方や思考の見直しに重きを置いたワークショップスタイルのプログラムを提供する。

2017年〜
2002年〜2006年

専門学校も大学も


2002年4月より、都内大手専門学校にて一般教養科目として就職に向けたビジネスマナー&コミュニケーション講座を2年間担当。
併せて、都内私立大学にて自己認識と他者理解をテーマとするコミュニケーション系必修科目の講座を5年間担当。

2002年〜2006年
2001年〜現在

人の成長にかかわる仕事


2001年秋より、人材育成コンサルタント/ファシリテーター講師として活動を始める。
一般企業や官公庁等、さまざまな業種・業界にてビジネスコミュニケーションをベースに、プレゼンテーション、クレーム対応、リーダー育成、部下指導などの研修や講演の他、接遇/電話応対の企業内コンテスト・全国コンクール審査員や、応対に関する覆面調査・結果分析なども行う。
年間登壇日数150日以上、2017年時点での延べ受講者数は5万人を超える。

2001年〜現在
学生〜社会人

ニッチな専攻を経て社会へ


都内私立女子校を卒業後、専門学校(写真かデザイン)に行くか大学(哲学か心理学)に行くか迷った結果、哲学科宗教学専攻で都内私立大学に進学。
はじめは大学院に進むつもりでいたモノの、モロモロの流れにより院には行かず「女性の魔性と聖性」というなんともワタシらしいテーマの卒論を書いて卒業。
その後、テレマーケティングの会社に入り、コールセンターの運営管理者兼教育研修担当者としてだいぶ楽しく働く。
ワタシのベースはこの時に作られたと言ってもいいくらい濃ぃーい時間を過ごす。

学生〜社会人
東京にて生まれる

コドモらしくないコドモ


あまりコドモらしくないコドモで、イロイロな落とし穴にハマる。
小学生の時、ちょっとしたイジメを経験し、個と集団について思考する。
中学生あたりから読書ダイスキ。
カフカの「変身」を読んで衝撃を受け、学校の夏休み読書感想文に書いて最優秀賞をもらう。
ワタシの「外側と中身の関係性に関するアンテナや引っ掛かり」は小中学生時代にまで遡る???

東京にて生まれる