190612 学校ドリマ

活動レポート

学校ドリームマップ授業 #2019.06.12 都内中学校

先日、東京都のとある中学校にキャリア教育ドリームマップ授業を届けに行ってきました。
今回の対象は中学1年生、全3クラスの子どもたちです。
ワタシはサブファシリテーターとして、子どもたち全員に関わりながら、メインファシリテーターの進行をサポートする役割でした。

小学校では1コマ45分授業なのに対して、中学校では1コマ50分。
カリキュラムは同じでも時間が5分多いため、進め方や深さが少し違ってきます。
中学生と言っても3月までは小学生だった子どもたち。
正直、最初はあまり小学生との違いを感じることはなく(笑)、
素直で正直な子どもたちの様子を微笑ましく見ていたのですが、授業が進むにつれて、そのイメージも変わってきました。
やはりたった数ヶ月でも、中学生になると気づきや理解の深さが違うんだなぁ。
みんなスゴイ!と感心することがイッパイ(*^ ^*)

学校ドリマは、6時間の授業を通して子どもたちが自分と向き合い、夢を描き、夢を語ります。
自分の夢を伝えるだけでなく、仲間たちの夢を聴く&応援することによっても、たくさんのつながりが生まれます。
これから先、いろいろな困難にぶつかって、挫けたり辛くなったりすることもあることと思いますが、そんな時には今日の取り組みを思い出して、そうだった!やれる!できる!みんなも応援してくれている!と、自分の夢に向かって少しづつでも歩みを進めてくれたらウレシイな、と思います。
みんなの夢、応援してるよー♪

活動レポート用写真

ちなみに今回はいつもと違う5時間授業の変則パターンに加え、途中に眼科検診が入って一旦全員抜け→終わった人から戻ってくるという状況でした。
そのおかげでいつもだったら撮ることのできない教室の写真が撮れて少しだけラッキー?
給食も中学校だからか量も多くてゴウカでビックリでしたし、ドリマ先生としてご一緒した皆様の温かい雰囲気もとても居心地がよく、今回もステキな1日を過ごすことができました。

関わってくださったすべての人に感謝◎

※ Cubinous記事での写真は許可を得て掲載しております。